口臭の原因の約6割は細菌が作り出す汚れだった!?

口の臭いの原因として、パッと思いつくものといえば、ニンニクや餃子などの臭いの強い食べ物だったり、歯周病や胃の病気など。

しかし、一説には、口臭の原因の約6割は、口の中の細菌が作り出す舌の汚れによるものだと言われています。

そこで今回は、口の中の細菌、口内細菌について調べてみました。


口内の細菌の種類と数

一般的に、口の中には300から400種類の細菌が存在すると言われています。

良く知られているのは「虫歯菌(ミュータンス菌)」や「歯周病菌」

他にも、「インフルエンザ菌」、「肺炎桿菌」、「カンジダ菌」、「黄色ブドウ球菌」、「緑膿菌」など、病気の原因菌となるものも含まれています。

そして、その数は、歯をしっかりと磨いているかどうかによって変わります。

しっかりと歯を磨く人は、1000から2000億。

歯磨きが雑な人であれば、4000から6000億。

ほとんど磨かない人だと、なんと1兆個もの口内細菌が存在しているようです。


唾液は細菌を洗い流す

私たちの口の中の唾液には、口内細菌を洗い流して、口腔内を最適な状態に戻す自浄作用があります。

しかし、年齢を重ねていくと、若いときと比べ、唾液の分泌量が減っていってしまうので、この自浄作用の働きが悪くなります。

年を取ると、口が臭くなるのは、こういった原因によるものです。


朝、口の臭いがきつくなる原因は?

寝起きの息の臭いが気になることが多いと思いますが、これも唾液の分泌量が関係しています。

睡眠中は、唾液の分泌量が減り、口の中が乾燥します。

口の中が乾燥すると、口臭の原因となる細菌が増殖しやすくなるので、その結果、口の臭いがきつくなるのです。


唾液を増やすのに玉ねぎが有効!?

玉ねぎに含まれる「ケルセチン」というポリフェノールの一種が、唾液の分泌を改善するという研究結果が米国の科学誌「PLOS ONE」に掲載されたことが、医師が監修するサイトで話題にあがっています。(鶴見大学の斎藤一郎教授らが行った実験)

他にも、唾液を増やすためには、食事のときによく噛むことが大事だということは、よく知られています。


口臭の原因となる細菌を増やさないために

朝しか歯を磨かないという人もいますが、口臭を抑えたいのであれば、寝る前にもしっかり歯を磨いて、臭いの原因となる細菌を減らしておくことが大切です。

口臭予防の基本は、まず、口の中を清潔に保つこと。

さわやかな息を保つために、しっかりとセルフケアしたいものですね。

女弁護士